HOME





お客様からよくいただくご質問「Q&A」の他、 各種 「技術資料」をご請求
いただくことができます。









お客様からよくいただく質問のコーナーです。
 
シャント抵抗器用ヒートシンクの選び方
4端子抵抗器について
最高使用電圧又は最高使用電流について
装置に実装された部品の周囲温度の測定位置について
抵抗値許容差の保証期間について
負荷電力軽減曲線の見方
短時間過負荷(パルス)使用での電力算出方法について
抵抗器 校正書類の発行について
非該当証明書の発行について
抵抗値及び抵抗値許容差(精度)の表記について
PDFを印刷した際、不鮮明になってしまう場合の対処方法






シャント抵抗器用ヒートシンクの選び方
以下の計算式によって求められます。


基本計算式(簡略式) Tj-Ta=(R thi+R thd+R tha) W

Tj
素体の制限温度
Ta
周囲温度
R thi
抵抗器の内部熱抵抗
R thd
抵抗器からヒートシンクへの伝達熱抵抗(使用素材による)
R tha
ヒートシンクの熱抵抗
W
負荷電力
 
品名 R thi Tj
PBV 3℃/W +125℃
PBH 4℃/W +125℃
RUG-Z 0.1℃/W +85℃
   
PBV 5W使用での計算例
125-25=(3+0.5+R tha)5
  R tha=16.5℃/W
     
従って、R thaの値が16.5℃/W以下のヒートシンクを使用しなければなりません。






4端子抵抗器について

4端子抵抗器は、リード線抵抗分とリード線の温度係数の影響を最小限におさえるために、一般的に低抵抗値領域(1Ω以下)において使用されます。
図1のように、2端子抵抗器では、Rが高い抵抗値の場合リード線抵抗r1、r2は無視できますが、抵抗値が低い場合は、r1、r2の抵抗値と温度係数が影響してきます。
図2の4端子抵抗器では、I(電流端子)に直列にリード抵抗分が接続されていますが、抵抗体の根元に接続されているV(電圧端子)には、入力インピーダンスの高い電圧計や増幅器が接続され電圧として取り出されますので、r1、r2のリード抵抗分は無視することができます。
主な応用例としては、高精度電流検出回路です。

参考: リード線(銅の場合)の抵抗値と温度係数(T.C.R)
0.6φ約0.65mΩ/cm T.C.R..約3800ppm/℃
0.8φ約0.36mΩ/cm T.C.R..約3800ppm/℃
1.0φ約0.23mΩ/cm T.C.R..約3800ppm/℃

図1
 
図2





最高使用電圧又は最高使用電流について

最高使用(許容)電圧や最高使用(許容)電流は、カタログ等で規定してある場合がありますが、印加できる電圧又は電流は抵抗値によって異なるため、次式により算出した値又は規定された値のいずれか小さい方が、最高値となります。

例: 抵抗値0.001Ω,定格電力50W,最高使用電流200Aで規定。
    @電圧(E)=√W・R=√50×0.001=0.224V
    A電流(I)=E/R=0.224/0.001=224A

以上のように算出した電流値が224Aですが、最高使用電流が200Aで規定されていた場合の通電可能な電流値は200Aとなります。

また、電圧値においても@の式により算出した値又は規定された値のいずれか小さい方が、印加可能な最大電圧となります。







周囲温度の測定位置について

周囲温度とは、抵抗器から熱影響を受けない離れた位置での空気温度です。 ただし他の部品の発熱の影響を受けるような場合や、筐体内で強制空冷 しているような場合は、温度が飽和した状態で自己発熱のない他の部品などの温度を測定して、周囲温度として下さい。








抵抗値許容差の保証期間について

抵抗値許容差は使用前の初期値に対して保証しており、長期保存後や使用後の変化は保証しておりません。 従いまして、高精度品を使用し、長期的にその精度を 維持する必要がある場合は、十分に電力軽減を行い極力発熱を抑えるようご設計下さい。







負荷電力軽減曲線の見方

下図は定格周囲温度25℃,使用温度範囲 +125℃の電力軽減曲線図です。

例えば、 周囲温度40℃中で使用する場合は、横軸の周囲温度40℃の点から縦軸方向に上昇して、負荷電力軽減曲線とクロスした点(約85%)が負荷可能な負荷率です。 したがいまして、周囲温度40℃の場合は選択した抵抗器の定格電力に対し、85%まで印加可能という事になります。







短時間過負荷(パルス)使用での電力算出方法について

この資料につきましては、こちらよりご請求ください。











抵抗器 校正書類の発行について


ご要望により、下記校正書類の発行を有償で承っております。

・校正証明書(トレーサビリティ体系図付)
・校正成績書


抵抗器の校正については、校正品の抵抗値を測定する値付け校正となっております。抵抗器の構造上、修理・調整等は承ることができませんので、あしからずご了承ください。
(5340試験抵抗器は場合により抵抗値調整が可能です)



■校正費用


校正につきましては、基本的に一点一様での書類発行となっております。(抵抗器一点につき校正証明書・校正成績書が一部ずつ)

同一品複数個の校正成績書費用につきましては、2個目から500円(+消費税40円)となります。

校正証明書
(トレーサビリティ体系図付)
5000円(+消費税400円)
校正成績書 5000円(+消費税400円)

例 : 抵抗器 1個の校正をご依頼いただく場合
校正証明書5,000円(+消費税400円)、校正成績書5,000円(+消費税400円)、 発送手数料1,000円(+消費税80円)で合計11,000円(+消費税880円)の発行費用となります。


校正品が複数個あるものの、校正証明書は1部だけにしたい(校正成績書は校正品の点数分発行)等のご希望がありましたら、ご相談下さい。



■校正納期


お客様が校正品をお持ちで、当社へご依頼頂く場合、校正品が弊社へ届いた日から約10日の納期を頂いております。

受注生産品をご注文と同時に校正をご依頼される場合、製品と一緒に校正書類をお届け致します。(製品により納期は異なります)

在庫品をご注文と同時に校正をご依頼される場合、製品を一旦発行担当部門へ移送する為、約10日の納期を頂いております。











非該当証明書の発行について


下記書類の発行につきましては、有償にて承っております。

・非該当証明書 (該非判定書)



■発行費用


発行につきましては、基本的に1製品につき一部の発行となりますが、製品シリーズ名(例:電力形メタルクラッド巻線抵抗器 FH-25シリーズ 等)での発行も可能です。


非該当証明書 3,500円(+消費税280円)



ご依頼の際は発行先(宛名)も併せてお知らせ頂けますようお願い致します。









抵抗値及び抵抗値許容差(精度)の表記について

抵抗値

抵抗値の表記につきましては主に「mΩ(ミリオーム)」「Ω(オーム)」「KΩ(キロオーム)」「MΩ(メグオーム)」のいずれかを用いて表記しております。
(小形のチップ製品等の捺印表示で小数点をRで現す表記もあります)

mΩ表記
  Ω表記   KΩ表記   MΩ表記   Rを使った表記
0.1mΩ 0.0001Ω     R0001
1mΩ 0.001Ω     R001
10mΩ 0.01Ω     R010
100mΩ 0.1Ω     R100
1000mΩ     1R00
    10Ω 0.01KΩ   10R0
    100Ω 0.1KΩ   100R
    1000Ω 1KΩ        
        10KΩ 0.01MΩ    
        100KΩ 0.1MΩ    
        1000KΩ 1MΩ    


抵抗値許容差(精度)

抵抗値許容差の表記につきましては、製品により「±○%」または「記号(アルファベット)」のいずれかを用いて表記しております。

%表記
アルファベット
表記
  %表記
アルファベット
表記
±0.005%   ±1%
±0.01%   ±2%
±0.02%   ±3%
±0.05%   ±5%
±0.1%   ±10%
±0.25%   ±20%
±0.5%      













定格周囲温度 規定の定格負荷(電力)を加えて連続使用できる抵抗器の周囲温度の最高値。抵抗器を組み込んだ機器内部における抵抗器の周囲の温度であり、機器外の空気温度ではないこ とに注意して下さい。
定格電力 定格周囲温度において連続して負荷できる電力の最大値。
定格電圧 定格周囲温度において連続して印加できる直流電圧又は交流電圧(商用周波数実効値) の最大値をいい、定格電力と公称抵抗値を用いて、次式により算出した値となります。

電圧(E)=√W・R

但し、最高使用電圧を超えないものとします。

臨界抵抗値 最高使用電圧を超えることなく定格電力を負荷できる最大の公称抵抗値。
臨界抵抗値においては、定格電圧と最高使用電圧が等しくなります。
最高使用電圧 抵抗器又は抵抗素子に連続して印加できる直流電圧又は交流電圧(商用周波数実効値)の最大値。 ただし、臨界抵抗値以下では印加できる電圧の最大値は定格電圧となります。
最高過負荷電圧 過負荷試験(JIS C 5201-1 4.13)において、5秒間又は10秒間などと個別の製品規格で規定された時間だけ印加可能な電圧の最大値。ただし、規定された最高過負荷電圧を超えない電圧とします。
耐電圧 耐電圧試験(JIS C 5201-1 4.7)において、電極と外装の指定箇所の間に1分間印加可能な交流電圧(商用周波数実効値)。
電力軽減曲線 周囲温度とその温度において連続して負荷できる電力の最大値の関係を示す曲線。一般に百分率で表します。
抵抗温度係数 抵抗器の使用温度範囲内で、規定の温度間における1℃あたりの抵抗値の変化率をいい、次式で表されます。



  R:t ℃における抵抗実測値(Ω)
Ro:基準温度における抵抗実測値(Ω)
t:試験温度の実測値(℃)
to :基準温度の実測値(℃)


温度係数
(ppm/℃以内)
±1 ±2 ±3 ±5 ±10
記号

温度係数
(ppm/℃以内)
±20 ±30 ±50 ±100 ±150
記号














各種技術資料をご請求いただくことができます。
下記フォームより必要情報ご記入の上、ご希望の資料をお選び下さい。
 
技術資料申込フォーム































HOME